炎のメモリアル

泣ける映画は意図的に作られている

映画館に行って映画を見るのはとても楽しいことですが、悲しいストーリーなどの映画は、人前で泣くところを見られたくない人にとっては泣くのを我慢するのが大変でストーリーどころではなくなってしまうのです。

泣くということは、涙の中にストレスホルモンが入っていて、泣くことでストレスが減少するということで、泣くことはいいことなのです。それで、映画の世界もわざと泣けるようなストーリーの映画が作られているのです。映画を見て泣くことでストレスが発散されるのですから、これからは泣いて、ストレスを発散させるのだ、と思いながら見るといいでしょう。

動物と子供が出てくる映画では泣けるストーリーが多くて、子供の名演技や動物の悲しいストーリーは本当に泣けます。

感動して泣くのとはちょっと違う感じの涙になるのです。
泣ける映画はちゃんと意味があって作られているので、泣ける映画を見るときには思いっきり泣いたほうがいいです。

そういう風に泣くために作られているのですから、その目的に乗って、しっかりと泣くことが必要です。
映画館で泣くのが恥ずかしかったら、家でDVDなどで映画を見て
思いっきり泣きながら見るといいでしょう。一人だったら恥ずかしいことがありません。