炎のメモリアル

火事や炎を題材にしたおすすめの映画は?

火事や炎を題材にした映画の多くは、災害などから人々を救助する消防やレスキュー隊のドキュメンタリー、またはフィクション映画があります。炎のメモリアルも、火災に立ち向かう消防士を描いた作品です。

炎のメモリアルを見て、似た映画を見たことがあると思った人もいるのではないでしょうか。

1991年に公開されたバックドラフトという映画も、アメリカの消防士を題材にした映画で、バックドラフト現象という火災時に発生する現象を利用した事件を通して、消防士達の人間模様などを描いた作品です。

火事や災害を題材にした映画の中でも、ドキュメンタリー映画は、その映画を見た人の心に大きな影響を与えると思います。

2006年に公開されたワールドトレードセンターはそんなドキュメンタリー映画の中でも強い印象を与えます。
このワールドトレードセンターは、映画のタイトルで使われている、アメリカ同時多発テロによって崩壊したワールドトレードセンターで、救助活動を行った人たちにスポットした映画です。

実はを元に制作された映画ということで、災害に巻き込まれてしまった人達の描画が生々しく、そして、生きようとする人の力を感じさせてくれる映画でもあります。